“鬼” と呼ばれて

さすがに、、、
この歳になると、、
“鬼”を演じるのも、
かなり、切ない気持ちになる。

もういいかなぁ・・・
もう怖がられることに疲れちゃったな… ε-(´∀`; )

そう、20年前になるね、ちょうど。
テレビ東京の「ASAYAN」という番組で、私は常に“鬼コーチ”を演じた。
それによってメンバーが視聴者の皆さんに応援してもらえるようになるなら、
それによってメンバーが成長するなら、という思いで。
5期メンオーディションの際は、「そんなんじゃモーニング娘。になれない!」という私のセリフ部分が繰り返し番宣で流され、なんとテレ東の歴史に残る視聴率20%超えとなった。
私にとっては視聴率より、テレビの影響力の方が怖い。
その後の人生は、「怖い!」「恐い!」と言われながら、「本当は怖くないんですぅ…」という想いで人に接してきて、ようやく7~8年近く経ってほとぼりが冷めっと思ったら、今度はAKB48の立ち上げに携わり、、、同じ立場を求められ繰り返すことになる。

でもね、世間の人から「怖い!」「恐い!」と言われても、実際に触れたメンバーからは当然厳しいと言われるけれど、ちゃぁんと愛を感じ取ってくれている。だからこそ、成り立つことだと思う。

その後、再びほとぼりが冷めた頃、今度は、世間にYou tube というものが現れ、モーニング娘。の5期~6期の合宿の映像が流れ出すことに・・・
はぁ… ε-(´∀`; ) 私は一生このテレビに作られた「怖い」イメージで生きていくのか・・・。


それも、ようやく落ち着くと、今度は、『伊賀の花嫁 』となる。
確実に、“鬼コーチ”を期待されて、依頼を受け、稽古が始まる。
初日前日も本番当日も幕が開ける直前まで「鬼コーチ、本気の喝入れはまだ?」と求められ、あと一歩上に押し上げるために、パワー全開でエネルギー総結して、心を鬼にして、演じる、、“鬼コーチ”。

本人のためになること、演出家から求められること、作品が良くなること、その作品がお客様に喜んでもらえること、この一心で、再び演じる“鬼コーチ”・・・。
嫌われるでしょ、当然。みんなにとっては、‘しんどい…’  ‘こんなに必死にやってるのに…’ って。


“鬼コーチ” を演じて、唯一、救われること、それは、
最後に、最後の最後に、出演者たちと喜びを分かち合えること。

分かち合う。

これが使い果たしたエネルギーの充電となり、心の温かさで満たされ、やって良かったンダという達成感に近いものになる。

これができないと、もうたまらないほど切なくて、消耗でしかなくて、疲れて、スケジュール的に日常を取り戻しても、心身の疲れはしばらく続く。しかも、哀しい・・・
“鬼”と呼ばれて嬉しいやつがいるだろうか・・・


もう、
“鬼コーチ” はいいかなぁ・・・


そんな風に考えていると、、、

ふっ… と、「超楽しい舞台だった!最後のダンス最高‼︎』なんて観劇下さったお客様からの投稿が目に入ってくる。
ふっ… と、何人もの出演者からお礼のLINEが届く。
「ありがとうございました!」という嬉しくありがたぁ〜い言葉と共に。
ふっ… と、出演者のインスタが目に入ってくる。
「愛情を持って指導して頂いた」なんてコメントと共に。

泣けてくるょ>_<

やって、良かったのか、、、やっぱり。

“鬼コーチ” と呼ばれても・・・

パーマリンクをブックマーク


“鬼” と呼ばれて への8件のコメント

  1. ヤンマ より:

    夏先生、こんにちは。

    もう鬼コーチを演じなくてもいいですよ。
    いや、もう「演じる」必要はないですよ。

    先生はプロですから、当然最高の作品を作るために必死に取り組まれるでしょう。

    結果、それが「鬼コーチ」になるのは致し方ないでしよう。
    それがプロだから。

    でも、その指導には最高の作品を作るという目標があるから、指導される側も理解できるし、厳しい指導の中に愛を感じるのではないでしょうか。

    先生が今までに教えた教え子や出演者の方のその後の表情や言動からその事がよくわかります。

    そんなに周りを気にすることはないですよ、先生。

    信念を持ってやれば自ずと評価はついてきます。

    先生ならそんなことは百も承知ですよね。

    今の先生が心配です。
    先生はやっぱりこれまで忙し過ぎたんですよ。
    これからは、焦らず急がずゆっくりと。

    一人じゃないから、みんながいるから。

    信じてゆっくり歩いていきましょ。

    ね、先生。自然体でゆっくりとね。

    • fun-key natsu より:

      ☆ヤンマさま

      ようやく日常を取り戻したところです(^-^; これまでどれ程忙しくてもそれは、ある種同じ種類のお仕事でした。例えばモーニングなら、ライブの振り付けを15曲仕上げると同時にテレビ出演用番組数とミュージカルとか、ミニモニ。にプッチモニ。に本体と、、、そんな感じです。
      ところが今回は、11月からの3ヶ月間、楽曲と舞台と映画とドラマと講演会と、、、といった具合に、全く違う現場が本当に同時進行していたので、脳内と精神をコントロールするのに苦労しました…。いくつになっても初体験があるものですね。
      ヤンマの支えと励ましの言葉で乗り切れました。ありがとうございます。おかげさまで、また一つ成長できたかもしれません(笑)

      • ヤンマ より:

        返信ありがとうございます。
        お元気そうで嬉しいです。
        またコメントしますね。

  2. Tomimayu より:

    夏まゆみ 先生
    ブログ拝見していたのですが……
    遅くなってしまいました。

    愛のある厳しい指導で疲労されておられる事とテレビyoutubeなどで辛いお気持ちになられる事を思うと、
    心痛みます。
    そして、こんな時にご無沙汰していてm(_ _)m

    夏先生のレッスンを受けている、生徒さんやダンサーさん、アイドルの皆さん……ここには数え切れない程、夏先生の愛を受け取っている人がいるのですから^_^
    (多くの視聴者TV演出をわかっています。)

    どうぞお辛い時はおっしゃって下さい。

    『伊賀の花嫁2 』
    とてもとても感動しました。
    最初から軽快なテンポでどんどん引き込まれていき、
    笑いあり、感動あり、素晴らしい演技やアクションそしてタップとダンス音楽に魅了されました。
    夏先生ならではの観客を引き込む振付に圧倒されました。
    周りの観客の皆さんの目もキラキラでした。
    なんだか、チームワークの良さが劇にも出てますね。役者さんたちもキラキラで☆
    福 をいただけた素晴らしい舞台でした!どうもありがとうございます。
    3弾公演を心待ちにしてます。

    そして、明日の「モーニング娘。20周年記念スペシャル」
    20周年素晴らしいですね。おめでとうございます。
    振付されたダンスを楽しみにしてます♡

    • fun-key natsu より:

      ☆Tomimayuさま

      ありがとうございます! …これ以上の感謝の気持ちを伝える言葉はないものか、、と考えるくらい、いつも励ましと応援をありがとうございます。
      「伊賀の花嫁」もおかげさまで無事終演致しまして、ホッとしています。
      そして、本日OAされた「モーニングコーヒー 20th Annniversary Ver.」もカット割りでどうなっているか(私オンタイムで観れていない>_<)というところですが、激務の3ヶ月間に創っていたものがひとつひとつ、ようやくみなさんに公開できるところまできましたね。13日にはもうひとつ情報公開されるモノがあると思います(エンタメニュースに取り上げられるかどうかはわからないケド)ので、お楽しみにしてください。

  3. きゃんべる より:

    お久しぶりにコメントします。
    モーニング娘。ハロプロ20周年!
    夏先生の映像もたくさん見てきました。わたしにとっては全てが青春の思い出です!!!!

    最近、愛の種やモーニングコーヒーの現役とOGのコラボ見てたら涙出てきました。わたしは30歳にもうすぐなり母親になるのですが、ずっとモーニング娘。が好きなんだなぁと思うと、感慨深い❓(^ω^)不思議な気持ちです。
    これからもたくさんのすてきな振り付けを作ってください!

    • fun-key natsu より:

      ☆きゃんべるさま

      お久しぶりです!お母様になるのですね… おめでとうございます(#^.^#)
      久々のコメント、とっても嬉しく読ませて頂きました。ありがとうございます。
      モーニング娘。20周年ということで、20th Annniversary Ver. を振り付けさせて頂きましたが、ミュージックビデオ撮影の際も、あのテレビ東京番組収録の際も、当時のスタッフさん勢揃いで、皆さん本当に感慨深そうに取り組んでいらっしゃいました。もちろん私もそのうちの一人です。20周年、すごいことですよね(๑>◡<๑) これからも、応援よろしくお願いします。

  4. 白球小僧 より:

    夏先生、こんにちは。

    実は私、教師なのですが、高校1年生の学級文庫に
    先生の著書を複数置かせていただいております。

    『変身革命』『ダンスの力』『エースと呼ばれる人は何を
    しているのか』『夢は、強く思った人からかなえられる』
    『教え子が成長するリーダーは何をしているのか』です。

    モーニング娘。やAKBのファンである生徒からも、そうで
    ない生徒からも、男女問わず色々な反響があります。

    「センターにはなれなくてもエースにはなれると思った」
    「自分の底力くんに早く会いたい」
    「部活で後輩ができたらこんな風に声かけをしたい」と
    いったものから、

    「夏まゆみさんて偉大な人なんですね」
    「アイドルって見た目は華やかだけど汗と涙だらけなんで
    すね」など。

    私も生徒を指導したり叱ったりした後、「これで良かっ
    たのか」と反省する毎日ですが、夏先生の「夏イズム」とも
    言うべき精神は全国色々なところに伝わっているものと
    思います。

    「鬼コーチ」で居続けることは本当にしんどいと思います。
    同時に、夏先生のコーチングを必要としている方々が
    今の日本にはたくさんいます。

    時にスピードを緩めつつ、それでも自信をもって「鬼」で
    あってほしいなと思います。やがて大きな「感謝」として
    帰ってくると思うので…。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">