今回もまたまた嬉し泣き・・・
ここに来るといつもそんなシーンを共有することになる。

こことは、鳥取にあるワールドウィング本部、
そうです!初動負荷トレーニングです。

水泳をされているという可愛くて真の強そうな一人の女の子が、練習中の何かの原因で歩けなくなったとのことで、お母様と一緒にトレーニングにいらしていました。その滞在期間中をご一緒することになるのだけど。
コーチの指導通り一生懸命に毎日トレーニングをこなし、小山先生も親身になって一緒に歩く、走る、などしながら、、、私の記憶によると… 滞在2日目午後のトレーニング後にはもう嬉しくて号泣されていた気がいたします…

自分もすぐそばでトレーニングをしながら、16年前の自分を見ているようでした。
そして、その嬉し泣きを見てもらい泣きです…
「お医者さんに行ってMRIを撮って検査しても骨にも腱にもどこにも異常はないと言われて、、、」お母様が泣きながらおっしゃっていました…。

わかるぅ…わかるんです! 同じです、自分も全く同じでした…

西洋医学では治せないものもここにくれば治るんじゃないかと本気で思います。

16年前、私も同じように嬉し泣きをしました。

ある医者から処方された薬。体の変調を訴えても「様子を見ましょう」の一言だけで長期にわたり内服した副作用によって、横紋筋融解症⁉︎ 腱断裂⁉︎ ワケの解らない症状が現れ、表層の筋肉は硬直し、走ることさえできず、もう踊ることもできないと、生き甲斐さえも失いかけていた16年前、何かの記事からここを知り訪れました。

一週間の滞在中、ただただコーチの指示通りにマシーンでトレーニング。午前中3時間、小山先生のチェック&ケアと呼ばれるものもあって、午後は4時間くらい。

その後、自分でも驚くほど、元の身体に戻っていくのを少しずつ感じ、
ストレッチをしながら嬉し泣きをし、ジャンプしながら大号泣しました。

あの痛み、苦しみ、絶望からの身体の変化を、
元の、本来の、自分の身体を取り戻していく感動を、
文字にするとこれほどまでに陳腐になってしまうのだけど、
それはもう本当にたまらなく嬉しくて、、、。

しかも故障や怪我から戻るだけでなく、その後はさらなる進化のための強化トレーニングに展開されるので、身体の無限の可能性さえ感じさせてくれます。

60歳の今もなおこうして踊れているのはこの初動負荷トレーニングがあったからこそであり、代表である小山裕史先生と荒川慎也コーチのおかげといっても過言ではないのです。
それ以来、年に二度は自分の身体のメンテナンスも兼ねて、トレーニング合宿に一週間程滞在します。

今では、縁あって、提携施設の一つであるWORLD WING 麻布にてExecutive Adviser を務めさせて頂くに至り、より多くの皆様にこの初動負荷理論とマシーンに触れて頂こうとご紹介役を担っています。

今回の鳥取での女の子の嬉し涙を見て私は、もらい泣きをしたのではなく、
明らかに私も心底嬉しかったのです。
だから、嬉し泣きです。
人の喜びが手にとるように自分の喜びになった瞬間でした。。。

鳥取のワールドウィングにはそんな瞬間がたくさんあります。

コメントをどうぞ

それにしても悔しいなぁ… 悲しいょぉ…
どんなに心を強く持っていてもやるせない気持ちになる…
(とても幸せなご報告の後にこのような記事を更新することをどうかお許し下さいね)

ふぅうむ…
ときに、こいつにやられそうになる

憎むという感情
それはとてつもなく悪い感情であり、その感情を持つことで、何より、自分の肉体を蝕むほどの持つべきではない感情なわけだけれど…

今、時として、どうしてもその感情が湧いて出てくる…

どれだけ辛い思いをさせたら気が済むんだ

コロナ ってやつは!!!

この2年半の間散々悲しい想いをさせられた
手がけたライブができなかったり、
創った舞台がキャンセルになったり、
決まっていた講演会が流れたり、
お仕事、たくさんキャンセルになった。

その都度たくさんの人の努力の過程や一生懸命の頑張りや笑顔も汗も
達成感を共にすることも難しくなった…

悔しくて、憤って、それから、悲しくなった。

何よりも許せないと思ってしまうのは、、、

母に会えないこと。

90歳になる入院中の母が終わりも近いと宣告されながら、
その母に会えないこと。
コロナを理由に面会全面禁止であること。
同じような想いをされている方もいらっしゃるのだと聞きました。

こればかりは、“ちくしょー‼︎“ と叫びたくなる。

会えなくても生きて欲しい
会えるまでは絶対生きていてほしい

ぢぐじょーーーー!!

それでも、あの時の花は、こうして、今でも咲き続け、この私を癒してくれています。
入場制限や規制も緩和し、少しづつ、本当に少しづつ日常は戻って来てはいるものの、家族にまで会えないというのはあまりに酷だ・・・

4件のコメント

“Chat Lounge 60” ・・・
・・・気軽におしゃべりするところに、60人だけお集まり頂きました。

Vol.3  … 『あれ⁉︎・・・夢⁉︎』から始まって4回の更新に渡りお付き合い下さり、ありがとうございます。
いよいよこの話題も完結編ですm(_ _)m

私が還暦を迎えるにあたり、さまざまな人生の先輩から、
色々な、貴重な、有り難い、お言葉を頂きました。

「大人の成人式、おめでとうございます。」

ほほぉ〜、、、なるほどなぁ…
そう言えるのかぁ、、、とやけに納得したりなんかしてね(^-^)

「還暦を迎えた者ににしかわからない、何か感慨深いものが、今日は心に響いていると思います。」

ねぇねぇ…♪( ´θ`)わかってもらうの難しいかもしれないんだけどぉ… 本当に本当にそうでした。。。すごく響きました、すごく感じました、とても感慨深いもの。
年に一度は必ずやってくるお誕生日なのだけど、いつものお誕生日とは明らかに違う何かが、自分を纏う空気の中にありました…。
“ どうしてそんなに60歳の誕生日に、還暦に、大きくこだわるんだろう… “
私が3年前そうだったように σ(^_^;) 40代、30代、20代、各世代に生徒さんがいるのだけど、私のそんな話題にその子達はキョトンとしていたように思います。

「還暦ってある意味それまでの人生をどう生きたかという厳しい評価をします。」

この言葉を頂いて、この年齢になってもまだまだ勉強しなくちゃだし、これまで色々な人に迷惑もかけ助けられてきたけれど、私のこれまでの生き方は、もちろん反省点もあるんだけどね… 間違っていなかったんじゃないか、、、と、確信めいた自信も持てました。これからだ!これからなんだな‼︎・・・と。

一つ一つの言葉が胸に染み渡ります。
つい一週間前に60歳になったばかりの私が偉そうに言えることではないけれど、この先輩方の言葉を受けて、
歳をとるって素敵、年齢を重ねるって素晴らしいこと、生きていることが大切、なんて風に改めて感じております。こういうことを言うことがおばぁちゃんへの第一歩なのかもしれない・笑とも思うけどね(^◯^)

おかげさまで、素敵な人生の折り返し地点に立ったような気がしています。

Vol.2 では、お言葉を頂戴した方だけのお名前を挙げさせて頂きましたが、いやぁもうホントにね、安江さんも、川本副社長も、大川さんも、ヒロシも、鈴木さんも、中山さんも、、、、わぁーありがとうございます!60名全員のお名前を記したいくらいですぅ。。。

最後に、出席下さった方から頂いたお言葉をもう一つだけ。

「会場の60人が夏さんを見つめる視線が誰も彼もとても温かく、この知らないお客様方も皆夏さんを応援する同士なのだなあと感じて、とても嬉しかったです。」

ありがとうございます。
出席されていた方も同じ空気を感じ取ってくれてたンダ!そう思うともう嬉しくてたまりません。感激です。。。
ご出席下さったお一人お一人に心からの感謝の気持ちが届きますように。。。
本当にありがとうございました。


この会は、レストランさんの多大なるご協力により、
人数制限の設定、アクリル板の設置、1テーブル4人以下と、蔓延防止が明けてからの開催でも
十分な感染防止対策を敷かれた上で行われましたことを追記ご報告致します。

3件のコメント

贈り物もこんなに頂いて、柄に似合わず^O^お花大好きな私は、もぉーおうちがお花いっぱいになって嬉しい限りです。

そろそろね、いつまでも幸せ気分に浸ってる場合じゃなくて(๑˃̵ᴗ˂̵)現実と日常に戻らなくちゃですけど、仕事の打ち合わせに行っても、現場で指導していてもね、まだどこかふわふわしております♪( ´θ`)ノ・・・すみません…
ここにこうして記すことで、気持ちも少し落ち着きそうな気がします。。。^-^

今回はこの会の中身を少しだけ、、、

本当にね、私の、30〜40年くらいの人生を(これってすごいっことじゃない!?)振り返ることのできる、夏まゆみの人生に大きく影響を与えてくれた大切な方々が出席してくれて、ありがた〜いお言葉をいっぱい頂戴しました。何度も嬉し泣きをこらえました。
ステージという程のものではないけれど、少し高い位置からお客様を見渡すと、そこには私のこれまでの人生がありました(と言っても過言ではないくらい)。

(お写真を撮る時のみ、マスクを外して頂いております)

会社名や肩書をあげることでかえってご迷惑をかけるといけないのでお名前だけにしている方もいらっしゃいますが・・・

24歳の時「振り付け:夏まゆみ」と初めてチラシに名前を載せてくれた、そう!いわゆる初の私の職業を公に公言してくれたというか、明確な道を示してくれた劇団夢知無恥座長で放送作家の下等さん。

29歳の時、中山美穂ちゃんのバックダンサー全国ツアーの仕事を最後に私の現役活動から振付師へと仕事の主軸が移行し、ただ楽しいばかりではなく、大変な生徒もたくさんいることを教えてくれ、どう指導していくかを考えさせられ、現在の指導者としての道に最初に導いてくれた泉さん。

最初は「吉本印天然素材」、10年経って「エンタの神様」におけるモーニング娘。と宝塚のコラボレーション企画、またまた十何年経ってアイドルプロデュース企画と30年以上の間、節目節目でお仕事させて頂いている三枝さん。

25年ほど前の歌番組のステージングから始まって、日本を代表する大晦日の歌番組、現在でも単なる振り付けだけにとどまらず色々なお仕事にチャレンジさせてくれる石上さん。

書籍をベストセラーに導いてくれて、ビジネス書として展開してくれたおかげで、私にダンスだけでなく、講演会講師という新たなお仕事と全く異業種の方々との接点をもたらしてくれた綿谷さん。

日本理学療法士協会会長でいらっしゃる斉藤さんからも、遠路広島から参加の社長であり古くからの友人からも、みなさまから貴重な本当に嬉しいお話しを頂き、
日本バスケットボール協会会長の三屋さん、横浜DeNAベイスターズ二軍監督の仁志さんからはビデオレターと、残念ながら、お仕事の都合や体調不良などで出席が叶わなかった方も何人かいらっしゃいましたが、もう本当に本当に、この方々がいたから今の私がここにいます!みたいな人にご出席頂きお言葉まで頂きました。。。(*≧∀≦*)

もちろんお恥ずかしい0歳からの軌跡スライド上映は恐縮ながら、加えて、アンヘリートさんからスペイン語でのアカペラバースデーソング歌唱と草月流師範の即興生花披露などなど、、、
たった2時間半の短い時間の中に凝縮された今まで感じたことのない温かさを体いっぱいで感じました。。。

何度でも言いたい。
いつまでも言い続けたい。
ありがとうございます!

私の大好きな人たちです。

To be continued・・・

このお話、Vol.3 までどうかお付き合いくださいね(^-^)

コメントをどうぞ

先日は、お忙しいところ、貴重なお時間を割いて、私の還暦祝いの会『Chat  Lounge 60』にお集まり頂きまして、誠にありがとうございました。

この何とも悔しいやるせないコロナ禍のご時世に還暦を迎えるにあたり、
どうしたら皆さんに感謝の気持ちをお伝えできるんだろう…
少しでも何か楽しいことやりたいなぁ…
いつもお祝いしてもらっちゃっているから、ご恩返しに何かしたいな…
と考えに考えておりました。

そして、

Chat Lounge ・・・気軽におしゃべりを楽しむところ
60歳という数字にもちなんで、恐縮ながら、人数も60名に限らせて頂きお声がけし、
ささやかな感謝の意を伝える会を開きました。

たった60名ですから、厳選させて頂かなければならず、教え子達(これまで手掛けてきたグループやタレントさん達)には一人も声をかけずに、まぁ…60歳ですからね、大人の会ということで ^.^

実は、今回のこの会作りについては、私、ほとんど関わらずに、当日を迎えました。
弊社社長が企画制作し、台本作成からスタッフキャスティング、ご招待状作成まですべて頑張ってくれたわけですが、
長年プロとして舞台創りを手がけて来た私にとっては、、だってお仕事ご一緒してきたプロの方もいらっしゃるわけですからね、ちょっぴり恥ずかしくなるくらい素人の手作り感満載の会となり、“おーい、段取り〜“ と、大丈夫かな⁉︎ と、ドキドキしつつ進行いたしました。初っ端からMCの方に、私の最初のご挨拶も飛ばされちゃったりしてね… えーっ⁉︎(゚∀゚) マイクはないし、乾杯のグラスはないし、、で、やっぱり舞台監督とかいないとね〜(^_^;)とか一段高いところに立ちながら冷や汗ものでした…

でも、出席下さった皆さまお一人お一人とても優しくて、暖かく見守られながらの会となりました。そうなんです。かえって、皆様の温かい愛情を感じることとなりました。

自分だけが言うと身勝手な勘違いかも⁉︎とも思うのですが、ご出席下さった皆さまからの声に、「愛あふれる空間だった」と、「愛情たっぷりの会だった」との感想を頂いて、これまでの60年のうちの半分くらい?30年分(笑)の感謝の気持ちを形にしてお返しするべく開いた会なのに、またまたたっぷりの愛を頂いてしまいました。

本当に幸せな60代の幕開けとなりました。

ご出席下さった皆様、お手伝い下さった方々、手伝ってくれた生徒さん、ご協力下さったレストランスタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。

この後続いて、この会の詳細をもちょっとだけお話したいな…(*≧∀≦*)と思っています。

コメントをどうぞ

何とも幸せな1日だった。。。

翌朝起きて… ぼーっとしたまま… ちょっぴり振り返ると、それは、
あれ⁉︎ 夢だったのかな⁉︎
なんて思ったりする…

昔から、すごくすごく楽しかった翌朝はこんな気分になって目覚めたっけ・・・

ん?あれ夢だったかな⁉︎

大好きな人だけに囲まれた日、
温かさで満たされた日、

それはとてつもなく幸せな1日になりました。

2022年3月23日、おかげさまで、60回目の誕生日を迎えることができました。

何だか本当に、初めての経験です。
この何とも言えない清々しい気持ち。

幸せってこんな感じなんだ。。。

ありがとうございます。

1件のコメント

みなさん♪こんにちわ。
蔓延防止等重点措置もようやく明けることとなり、わぁーい!!と喜びを思いきり体現しようと思った瞬間、次に目に入ったのが、東京のリバウンド警戒月間⁉︎とかなんとか… (-.-;)
病院まで足を運んでも入院中の母にも中々会うことが叶わず、コロナってやつが本当に許せないというか悔しいというかやるせない気持ちになります。それでも時は過ぎて行く…んですよね。

これまで、人生の先輩方と、その方が60歳の誕生日が迫る頃にご一緒して、その言動を目にしていると、“60歳とか還暦とかにどうしてそんなにこだわるのかなぁ…“ などと思ったこともありましたが、な!なんと‼︎ 自分がなるとなると、、、なんとも人生においてやけに大きなターニングポイントのような気がしてくるから不思議です。ひゃぁー!!

はぁ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)いよいよですぅ。。。

とはいえ、これまでも十分に幸せな、年に一度の誕生日をたくさんの方にお祝いして頂いてきました。感謝の気持ちを込めて、ある一つの締めくくりを迎え、新たなスタートをきる前に、今回はここでこの5,6年間を振り返っちゃおかな♪(´ε` )と思います。。。


当時、誕生日にはなんとか仕事を前後に押し詰めて海外逃亡してました。この年はMacauへ
お休みの日や海外旅行へ行った際は、なるべく好きな物に囲まれるようセッティングします。好きなモノ10のうちの一つ、カニを頬張るなっちゃん(^O^)は54歳。

こちら、オープンクラスの生徒さんたち。みんな両手を広げてくれていますね。
これ55歳の誕生日。55なワケです… 笑

56歳のお祝いにNew  Zealand は waiheke島という島に連れて行ってもらいました。
こんなことして遊んだりして、好きなモノ10のうち、太陽、空、木々の緑、美味しい空気が手に入りました。。。

彼らのデビュー1st.Sg.「メジャーボーイ」の music video 撮影が、まさに57歳誕生日当日でした。これまでステージ上で何度もサプライズを演出してきたから、私結構サプライズ苦手なんだけど、この日ばかりはすっかりサプライズで、、感動しちゃった!Thank you so much, CUBERS!!

30歳を超えてから誕生日を実家で過ごすことなんてなかったけど、これ58歳の誕生日、実家でお祝いしてくれました。昔から家族からはマミちゃんと呼ばれていたんだょ(๑˃̵ᴗ˂̵)
今、90歳の母は腎不全と心不全で入院しています。お医者様からは何があっても・・・覚悟をと言われているのだけど、ほとんどの人が90歳、、天寿全うというのだけれど、んー… 母の生命力の強さは私が一番わかっているンダけどぉ…。

これは昨年59歳になる時、パチキャンにお祝いしてもらったんだっけ、、、。
みんな元気に頑張っているかな。。。

実は、
36歳から42歳頃までは、誕生日は常に仕事に追われて睡眠不足で、全くお祝い気分にはなれなかった時代・・・それでも現場では必ずこの愛おしい娘。達がお祝いしてくれていました。リハーサルの合間に休憩中突然メンバー達がケーキを持ってやってきてくれます。こんな感じのお誕生日が5〜6年続いた。リハ中のケーキ(๑・̑◡・̑๑)
当時、毎年いつもずっと一緒にいたンダ。
涙も汗も笑いも必死も全部ずぅっと一緒だった…。
この写真載せるの許してくれるかな・・・⁉︎ すっごーーーい昔の、一番画像が荒いのにしておこうっと。

こうしてたくさんの人にお祝いして頂いてまた今があります。
本当にありがとうございます。

還暦の決意は60歳になってからにしよ〜っと(笑)
60歳まであと2日〜♪♬

59歳最後のShotは、大好きなチョコレートパフェと。

5件のコメント

春の日差しが心嬉しく感じる頃となりました。
蔓延防止もいよいよ?ようやく!明ける日も近い気がしますね。。。

そんな春の訪れと共に、私・夏まゆみが携わる、身体に良いこと。
まずはふたぁ〜つ、この春スタぁートぉ〜!

まさに本日グランドオープンしていることと思います、Chacott代官山。

一昨日、特別内覧会に行ってきました。この日はレセプションということで、とてもたくさんのお客様で賑わっていました。いつもこれくらいいっぱいの人が来てくれるといいですね。。。

とてもおしゃれな建物で、屋外テラスもあったりなんかして、気持ちの良いスペースです。

ん〜…  天井が高くて、陽の入り方も明るくて素敵で、本当に素晴らしいバレエのスタジオとは違って・笑・・(・-・)   店舗のいっかくといった感じは否めないけど。
定員5名じゃなくて、7〜8名は入れそうな気がするなぁ…

いよいよ月曜日からまずはピラティスのクラスがスタートしますが、現状4月末まで定員数で満員状態、、、たくさんの人に受けて欲しいなぁ…


もう一つは、
私が16年間続けている初動負荷トレーニングです。
ここにもたびたび鳥取でのトレーニング風景をあげていますが、
この3月1日に、ワールドウィング麻布のエグゼクティブアドバイザーに就任致しました。


土地柄もあって、お値段設定が他の提携施設より少々お高いのですが、、、な!なんと‼︎ 現在キャンペーン中なの(๑˃̵ᴗ˂̵)  体験代も入会金も無料でね、こんなこと初めてで、なんだか… 私のエグゼクティブアドバイザー就任記念キャンペーンみたいなんですぅ…

ほんとに本当に不思議なこのマシーン。
嘘みたいだけど、おじいちゃんおばあちゃんも、子供たちも、まじでスポーツしてるアスリートさんにも、で、実はダンサーにもかなりイイ!(*≧∀≦*)
この画期的な初動負荷マシーンを是非一度ご体感ください。
ほんとはね、誰にも言わず内緒にしておきたいくらいいいのょ、ホント!!


いつも応援してくださっている皆様
いつもありがとうございます。時折ご心配もかけたりしていますが、皆さんに支えられ、励まされています。
60歳まであと・・・10日・・(*^◯^*)

コメントをどうぞ

「夏先生、身体、、大丈夫ですか?」
会う人会う人皆さんが聞いて下さるので、“ん?おかしいな⁉︎“ と思っていたら、私、少し前のブログで検査中のことを書いていました。 “あっ‼︎この方も私のブログを読んで下さっているンダ!“ なんて喜んでいる場合ではなく、
報告もせずにずっと心配かけたままで、、、ゴメンなさいでした。。。

「リウマチ性多発筋痛症」と診断されました…。
リウマチではないけれどリウマチと同じ症状が出る原因不明の慢性疾患とのこと。
ネットで検索してみると意外に出てくるので、その病気に悩まれている方は意外と多いということ知りました。

これまでの40年を越えるダンス活動とさまざまなトレーニング、指導経験の中で、人間の身体における筋肉と腱と関節、できれば細胞さえも、自分の身体を自らコントロールすることを目指し、それを到達点として、生徒さんにもダンスを通して指導して来たけれど、この病気とそれに処方されるお薬はそれを見事にぶち壊してくれました。この写真のポーズが取れているのは、長年鍛え抜いた肉体の力ではなく情けないことにステロイドの力だ…


昨年の8月、90歳の誕生日を祝う母の元気な写真をここに載せました。
それからまだ半年しか経っていないというのに、現在入院中。
しかも、延命措置云々に同意するしないというような状況・・・な!なのに!!
ご存知でしょうか、、、
コロナのせいで、会えない…。
病院に行っても医師から様子を伺うのみで、あと何メートルというところに寝ているだろうに、会わせてもらえない。
母の姿を見ることも、話すことなどもってのほかだって。
信じられない世の中になりました…

延命措置について話している内、兄と意見が割れた…  友人とも喧嘩しそうになった…


ついに3月
少しずつ春を感じさせる頃となりました
春の風を肌で感じます
いよいよあと二週間足らずで60歳になります

人生の大きな節目とはいえ
本当に色々と大きな出来事が重なって起きている昨今です

粛々と、受け入れて、受け止めて。

新たな人生のスタートは、再び挑戦で始められたらと思っています。

読んでくれてありがとうございます。次回は絶対楽しい話題にしますね(╹◡╹)

2件のコメント

終〜了〜〜〜!!

(〜深呼吸〜)いつも通り鼻から息を吸い口から吐く呼吸・・・

ん〜… まさに終わった感じがする…

その感触は寂しさか、悲しさか、、、

イヤ、ある意味達成感かもしれない…  解放感かもしれない…

ちょうど10年間、ダンスクラス 行なってまいりましたチャコット渋谷スタジオ、
その閉館に伴って、ここでのFUN-KEY DANCING JAZZ クラスも終了となりました。


実は、10年前、私にはこのチャコット渋谷でやりたいコト、夢と目的がありました。
バレエと他ジャンルの融合、そして大きな舞台でのダンス公演!優秀な先生方も沢山いらっしゃるし、もっともっとチャコットを発展させる!みたいな⁉︎(╹◡╹)そんな希望と野望を持って10年前ここにやってきたというワケ・・・と言っても一人でできることでもないので、残念ながら叶わずここで終了となるわけですが、なぜかそれほど寂しくないのは、この年齢になると10年という期間がそれほど長くない気がしてくるんですょね… だって、IAC  Studio は25年の間教え続けてきていましたから(๑˃̵ᴗ˂̵)
当時はね、吉本印天然素材もモーニング娘。も絶大なる人気の時期で、IAC スタジオにはいつも50人以上の生徒さんが受けにきてくれていました。入り切れなかった生徒さんがいたことやロッカーが人数分足りなくて大変だった記憶があります。。。

ここチャコット渋谷では色々と入れ替わりがありましたね…
この写真は10年のうちの半分くらいの時のものかな?
ぅん… 顔ぶれもずいぶん違いますね…。
私が現役だった頃好きだった時間帯・・・レッスンが始まる前の高揚感をストレッチでほぐすひととき。ただおしゃべりに花を咲かせる子達もいるようですが…笑

朋ちゃん、ひろこちゃん(Happy Birthday!!)、夏子、まきこちゃん、さえこさん、あさみ、のりちゃん、晴子、まさよちゃん、亜希子ちゃん、紗英ちゃん、やまきょう、最終レッスンに駆けつけてくれた生徒さんたち。
大きくて素敵なお花を、どうもありがとう。

10年の間、曜日変更や時間変更もある中でも、ずぅーっと通い続けてくれた数少ない生徒さん、本当にありがとうございました。
10年の間、お休みすることもあったけれど、来れた時にはしっかりと集中してレッスンしてくれた生徒さん、中学生から高校生になったり、大学生から社会人になったりと、進学して行く中で通うことができなくなってしまった生徒さん、前半5年間くらい来てくれていた生徒さん、たま〜に遊びに来てくれた生徒さん、とにかく ^^ 一度でもレッスンを受けにきてくれた生徒さん、みなさま、ありがとうございました。

ここはなくなるけれど、是非これからも、この素晴らしいダンスという、
たまらなく感じる、
生命力を彷彿とさせる、
人生を豊かにする、
エネルギーをチャージする
夏まゆみが心底愛するこの舞いを、、、
ずっとずっと続けて行って欲しいと思います。

私はどこにも隠れず、足を運んでくれれば会えるところにいます。
ダンスクラスではないけれど、今度は代官山スタジオへいらして下さいね。
ここでは、週に2回、月曜日と火曜日のそれぞれ夜の時間帯にこんなクラスを担当します。


還暦を迎える今起きる人生におけるこうした転換は必然な気がして、
大きな変化さえ受け入れる気持ちがある…。
それは、どんなことであれ、今後の私の人生の新たな始まりを意味する・・・
(^-^)そんな気が致します。。。

だから、
とても晴れ晴れした清々しい気持ちです。
心から感謝です。
ありがとう。
ありがとうございます。


1件のコメント