ここは新宿歌舞伎町。
ここに足を踏み入れるのは果たして・・・何年ぶりだろう。

ここには、自分も幾度となく舞台に立ったコマ劇場と、吉本印天然素材と共に汗と涙を流したステージ、そして自身がプロデュースした『DUNK! DO DANCE‼︎』初演の、あのシアターアプルがあったんだ。

そんなこんなで通っていた場所だけど、かれこれ… 20年前になるのかな。今はこうして東宝の映画館が立っている。

そんな場所へ、20年ぶりに訪れたワケ、、は、、、
TOHOシネマズ新宿へやって来ましたー\(^o^)/
もちろん!「劇場版ドルメンX」を観るため。YEAH~‼︎

待ちに待った『劇場版ドルメンX』が6月15日より全国公開されましたぁー!(*^・^*)

私が映画館を訪れたのは16日の土曜日。公開されて2日目。90人程で埋まるスクリーン1 はほぼ満席… 観終わった後のお客さまの反応も気になるところ、一番後ろの席からじーっと眺めておりました(๑・̑◡・̑๑)

「格好つけんなーって、さらけ出せよ、もっと、もっとー。見栄をはるな、恥かけよー」

「頑張ってる人って、たぶん裏でたくさん悔しい思いをしていて、たくさん恥をかいてて、だから強くなってるんだと思う。」

「嫉妬だ。それはエネルギーに代わる。侮るなよ」

「トシをとるって、こんなにも美しいのか」

「永遠の美しさって変わらないことじゃなくて変わり続けていくこと」

こんな風に、まるで私の心の中にある言葉を読まれたかのような⁉︎
レッスンしているところを覗かれていたかのような⁉︎
恥ずかしくなる程の真っ直ぐ過ぎる台詞がいくつも飛び出す映画です。
“スポ根系アイドル青春コメディー”

役柄ではなく彼ら自身の俳優としてダンスに芝居に取り組む姿勢と重なります。

この映画を観て、そんな言葉、そんな想い、現代の若者たちはどう受け止めるのか、、、。若者たちに限らず、いくつになってもそんな部分、心にあってもいいじゃない?

観てくれた人たちみぃんなが、素直で真っ直ぐで必死な彼らの初々しい演技と共に、泣いて笑って元気になってくれたらな…o(^-^)o

ダンスの振り付け中も練習中もダンスシーンのリハーサルや撮影中も、彼らはしっかりと集中して、私の言葉に耳を傾け、受け止め、吸収し、表現してくれました。
最近では歌番組にも出演し、俳優とは思えないほどキレのいいダンスを披露しています。彼らの努力の賜物です。

飾らないってホント美しい!見栄を張らないって本当に素敵だと思います。それこそが多くの観客の人たちの心を揺さぶるのではないか、、と思います。

みなさん是非ぜひ!劇場へm(_ _)m


こちらは、ダンスシーン撮影終了後の一枚。著書をプレゼントさせて頂きました。

航大、勇輝、新太、れん君、そして、素晴らしい才能の持ち主・淳くん、
一生懸命踊ってくれてありがとう。
今後眩しいほどの光を放つであろう才能と出会えたこと、本気と必死を共有できた日々、心から幸せに思います。

そして、各プロデューサーさん、監督、企画演出、脚本をはじめとする多くのスタッフ様、仲間入りしてお仕事させて頂いたこと、テレビ出演の立会いを含めると約半年間、ありがとうございました。
キャストとスタッフの大きな愛が作品『ドルメンX』を通して、より多くの人へ届きますように。。。

コメントをどうぞ

5月19日 土曜日
3時起き、4時45分新宿集合、マイクロバスにて幕張メッセ入り。。。
ステージ上でのリハーサルは6時半から30分間。

久々の早朝からの長〜い1日となりました、本日 GirlsAward2018 が開催され『参上!!ドルメンX』が初生披露となりました。 ご来場くださったみなさまご声援をありがとうございました。

しかし朝3時起き、終了21時…56歳の肉体には結構ハードなスケジュールです。


そっ・・・夏まゆみ56歳、踊る人です(笑)
・・・頭の先から足のつま先まで駆使し、周りの空気をもコントロールし、その空間を調和させて、波動を広げていく、、、ちょびっと言い方がオーバーに聞こえるかも知れないけど、踊るって、伝えるって、、、そんな感じ ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ そんなところを目指して行く、、ていうのかな。

人として、ダンスを通して伝え導く指導者として、肉体をコントロールすることはとても大切(^_-)と自分では思ってます。だから踊り始めてからというもの、内面はもちろんのこと、肉体には相当な意識を向けてきました。

少し前の某月刊誌の取材の際、質問されたことがある。

「どうして、、、ここ一年ほどですか… ご自身の水着姿をブログに載せていらっしゃるのは…?」「何か意図がおありなんでしょうか?」

ブログを読んで下さっていることにありがたさも感じつつ f^_^; まさかの質問に応えるのに自分自身が再確認することになるワケです^^
「そうですね~、やはり、肉体の衰えを感じざるを得ない年齢になったということだと思います。それを受け入れなければならない。今を残しておきたいというより、鍛え続けてきて今ある自分をさらけ出して載せることで、今後に向けていっそう自分を戒めていると言うか、決意というか、、ですかねぇ。。(苦笑照笑)」

今回の投稿、こんなタイトルで始めてみたのは、今なつがハマってるモノ・ことをご紹介してみようと思ったンダ…(*^^*) かなり私生活見せちゃう気がするけど、、、そっ、今私がめっちゃハマってることたち。

まずはこの2枚のCD。

これね、映画のサントラなんだけど、たまらなく大好きでここのところいっつも聴いてる。
自然とか、大地とか、生命力とかを、ものすっごーーーく感じる、他にない映画音楽って感じ。
でも、皆さんが期待して、これらの映画を見たりCD聴いたりすると・・・“ なんじゃこりゃ⁉︎ ” って思う方もいらっしゃるかも!ですので、大きく期待しないでね。あくまで〜も私の今。

レッスンの際使用する音楽は、私の好みで選ぶというより、派手で新し目で踊りたくなるだろう、生徒さんが好みそうなものを選曲したりするのだけど、自分好みで走ったら、誰もいなくなっちゃうかも?ひゃはは ٩(^ω^)و
それでもたまらなくて、チャコットではこの中の一曲をレッスンで使用したりなんかしているけど、そんな時はもう踊り出しちゃうんだょね〜(#^.^#)わたし。


そんな私が今、さらにハマってること。
ファステイング。
わかりやすくいうと 断食 という意味なんだけど。
色々と賛否両論ある中で、私の場合ダイエットが目的ではなくて、体質改善。
以前から皆さんに幾度となく心配かけちゃってるけどね、ヘンテコリンな病名を治すべく、生活改善、体質改善、これまでの腸内をリセットする時間とでもいうのかな。
これが結構気持ち良くて、週に一回でも決めて行うとよいらしい。ファスティング明けはやっぱり吸収力高まってるから、体にイイもの食べたくなります。

写真は、化学調味料・動物性原材料不使用のものたち。

あとなぜか、、バルサミコ酢(^o^)ハマり始めたらとんでもなくなるね、ワインと同じで年代でお値段もしっかりと着実に変わってくるんだモン。


ほんのり甘くて酸っぱくて深い味わいといえば・・・

あのお茶目極まりないキュートでチャーミングなFaceとあの軽妙でコケティッシュなフットワークと身体反応はもう観れないの?(*´ー`*)
ラブコメの女王・キャメロンディアスちゃま。
映画「アニー」の出演を最後に引退も囁かれているけれど、本当なのかな、やっぱり。仕方なく過去の作品を見まくってる今日この頃。むっちゃ面白くない?この動き、他の誰ができるだろう、、、監督の指示とは思えないんだょね〜。もしも本当に引退しちゃったら、彼女の抜けた穴は大きいな。。。


そしてもちろん!ドルメンX ‼︎
劇場版の6月15日からの全国ロードショーに向けて、今後は少々テレビ出演もありそうですょー。お楽しみにして下さいね(*^-^*)

以上、今なつがハマってるモノ・こと の5つ・・・まいりあるたいむ は不思議CDに、ファスティングに、バルサミコ酢とキャメロンディアス、そしてドルメンX ^-^でした。

15件のコメント


良いお天気が続いていますね。青い空、心地良く吹く風(ちょっと強い日もあるけれど)、その風に揺れる木々の緑の美しさ、鳥の声も幾分元気に響きます。。。ちょっぴり遅い朝ごはんはサラダブランチ(^・^)


えっ!?いつの間にかゴールデンウイークに突入してる!!(((o(*゚▽゚*)o)))

致知出版というかなり重厚なイメージの月刊誌や、アミノバイタルのメールマガジンに5ヶ月連続で登場させて頂いていたり、各企業様・団体様への講演会、、といった具合で、少々地味目に忙しくしている昨今ですが、、、皆様は連休を満喫できてますか?

立ち上げやのなつが、現在水面下で取り組んでいるのは、いよいよ教育面。保育事業に取り掛かっています。とはいえ、、、一つのプロジェクトを立ち上げるというのは、何度もなんども会議を繰り返しそれはそれはまだまだ長ぁ〜い道のりなのだけどね。
音感・英語・知育・運動と、さまざまな教育授業がある中で、もちろん私が担当するのはダンス、そう!先日は、自身が創設した FUN-KEY DANCING をお偉い様たち(^-^;の前でプレゼンテーションさせて頂く機会に恵まれ、第一歩を踏み出したわけです。

そのプレゼンを行うにあたり、これまでの資料を集めながらプレゼンシートを作成。

2004年に2本組で発売されたDVD、2011年には一本化して新たに日本コロンビアから発売された『FUN-KEY DANCING KIDS』。新ためて本当に久しぶりに見てみると、、、(^_-)我ながら…イイじゃん、これ!!みたいな。。。(๑・̑◡・̑๑)自分で言うのもなんだけど、、よくできた商品になっているのではないでしょうか…   詳しくはこのサイト内Touch MeのDVDページをご覧になって下さいマセ。

出演してくれた子供達はすっごく楽しそうで、思い出せば…休憩も休憩にならなかったくらい、ずぅーっと子供達と遊ぶハメになり、かなりヘトヘトになった記憶があるけれど。
14年前に製作したものなのに、今見ても決して古臭くなく、私が今も続けて行なっているレッスンメソッドがギッシリ詰め込まれている。
ダンス初心者の大人の皆さんは、こちらを見て頂くと良いかもしれません(^_-) 見て見て〜(*^・^*)


そんなことに取り組んでいると、日頃からヤケに子供達の行動にいつも以上に興味が湧いてくる。ちょっぴりお散歩した公園で、ほんの少しの触れ合いが嬉しかったりして。。。

アハハ(^o^) 結局自分が遊んじゃったりして・・・。

5件のコメント

ようやく ╰(*´︶`*)╯♡

ほんとうに ヾ(๑╹◡╹)ノ”

やっと ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

春は…   来たぁー  *・゜゚・*:.。..。.:*・’(*^O^*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「心の叫び」とか「鬼と呼ばれて」とか、、、なんとなぁ〜くちょっぴりみなさんにご心配をかけたような…
そのままなんと2ヶ月間も更新せず・・・自分でもちょっとビックリ。
大変ご無沙汰を致しました m(_ _)m お元気に春をお迎えのことと思います。



この桜は、お花見で有名な目黒川沿いの桜。とは言っても、ここは、
IMAGICA 東京映像センター 第2試写室前の さ・く・ら (*’▽’*) ほんわか感激ひとしおです。

そう!つい先日3月28日、日テレ連続ドラマ「ドルメンX」劇場版の初号試写が行われました。

共に切磋琢磨したスタッフさん、ダンス頑張ってくれたメンバーたちとの再会はとても嬉しく、まさに春の到来。
寒い寒い冬、「NHK紅白歌合戦」や、モーニング娘。20周年の振り付けや、舞台「伊賀の花嫁」の振り付けや、講演会の数々、そして、テレビ番組「音楽チャンプ」の収録など、いっぱいいっぱいになりながらの4ヶ月を乗り越えたからこその春。。。なんとも感慨深い春…

思い起こせば、寒い冬の中のロケ


撮影直前に現場にて最終確認&場当たり



舞台と違って目印の取りにくい外だから、フォーメーションを作る際、場所を定めづらいゆえの振り付け変更にも集中して対応してくれました。
アニメでも登場する路上ライブ最後の決めポーズは原作通りに。


無事この日のダンスシーンの撮影終了〜。
隊長こと志尊淳くんをはじめとする、航大くん、勇輝くん、新太くんと。

ドラマの方は、昨日深夜、最終話が放送され、終了してしまったのだけど…。
皆さん観ていただけましたか?
もし、見逃してしまった方がいたら、今夏6月15日から全国劇場公開されるので、ぜひ映画館で観て下さいね。ドラマでは見れなかったシーンやドルメンXのその後も追加され、観た方はもちろん!  新たにもっともっと楽しめる作品になっていますょ。

初号試写で再会した際はみんな、さらに洗練された感じがした。きっとみんな、素敵な俳優さんへと成長して行くンだろうな(^-^)これからも楽しみ。。。


そんな慌ただしい中、自身の誕生日も迎えまして、たくさんの方からメール、LINE、カード、お手紙、コメント、、、と、お祝いのお言葉頂きました。

本当に、ありがとうございます。

50歳を過ぎて一年経つのも本当に早くって、忙しい日々、ふっとさり気なく通り過ぎてしまおうとしてしまいがちな56回目の誕生日、レッスン休講だったにも関わらず、生徒さんからもたくさんのプレゼントを頂きました。ありがとう(#^.^#)


踊り続けるために健康で、
より良い作品を贈り届けるために健やかに、
一人一人と向き合って、
一日一日を大切に、
一歩一歩着実に、
皆様から頂いたお祝いや応援のお言葉をむねに
歩んでまいりたいと思います。


夏まゆみ56歳になりたて〜〜の最新Shot・・・(♯^.^♯)

10件のコメント

さすがに、、、
この歳になると、、
“鬼”を演じるのも、
かなり、切ない気持ちになる。

もういいかなぁ・・・
もう怖がられることに疲れちゃったな… ε-(´∀`; )

そう、20年前になるね、ちょうど。
テレビ東京の「ASAYAN」という番組で、私は常に“鬼コーチ”を演じた。
それによってメンバーが視聴者の皆さんに応援してもらえるようになるなら、
それによってメンバーが成長するなら、という思いで。
5期メンオーディションの際は、「そんなんじゃモーニング娘。になれない!」という私のセリフ部分が繰り返し番宣で流され、なんとテレ東の歴史に残る視聴率20%超えとなった。
私にとっては視聴率より、テレビの影響力の方が怖い。
その後の人生は、「怖い!」「恐い!」と言われながら、「本当は怖くないんですぅ…」という想いで人に接してきて、ようやく7~8年近く経ってほとぼりが冷めっと思ったら、今度はAKB48の立ち上げに携わり、、、同じ立場を求められ繰り返すことになる。

でもね、世間の人から「怖い!」「恐い!」と言われても、実際に触れたメンバーからは当然厳しいと言われるけれど、ちゃぁんと愛を感じ取ってくれている。だからこそ、成り立つことだと思う。

その後、再びほとぼりが冷めた頃、今度は、世間にYou tube というものが現れ、モーニング娘。の5期~6期の合宿の映像が流れ出すことに・・・
はぁ… ε-(´∀`; ) 私は一生このテレビに作られた「怖い」イメージで生きていくのか・・・。


それも、ようやく落ち着くと、今度は、『伊賀の花嫁 』となる。
確実に、“鬼コーチ”を期待されて、依頼を受け、稽古が始まる。
初日前日も本番当日も幕が開ける直前まで「鬼コーチ、本気の喝入れはまだ?」と求められ、あと一歩上に押し上げるために、パワー全開でエネルギー総結して、心を鬼にして、演じる、、“鬼コーチ”。

本人のためになること、演出家から求められること、作品が良くなること、その作品がお客様に喜んでもらえること、この一心で、再び演じる“鬼コーチ”・・・。
嫌われるでしょ、当然。みんなにとっては、‘しんどい…’  ‘こんなに必死にやってるのに…’ って。


“鬼コーチ” を演じて、唯一、救われること、それは、
最後に、最後の最後に、出演者たちと喜びを分かち合えること。

分かち合う。

これが使い果たしたエネルギーの充電となり、心の温かさで満たされ、やって良かったンダという達成感に近いものになる。

これができないと、もうたまらないほど切なくて、消耗でしかなくて、疲れて、スケジュール的に日常を取り戻しても、心身の疲れはしばらく続く。しかも、哀しい・・・
“鬼”と呼ばれて嬉しいやつがいるだろうか・・・


もう、
“鬼コーチ” はいいかなぁ・・・


そんな風に考えていると、、、

ふっ… と、「超楽しい舞台だった!最後のダンス最高‼︎』なんて観劇下さったお客様からの投稿が目に入ってくる。
ふっ… と、何人もの出演者からお礼のLINEが届く。
「ありがとうございました!」という嬉しくありがたぁ〜い言葉と共に。
ふっ… と、出演者のインスタが目に入ってくる。
「愛情を持って指導して頂いた」なんてコメントと共に。

泣けてくるょ>_<

やって、良かったのか、、、やっぱり。

“鬼コーチ” と呼ばれても・・・

24件のコメント

モーニング娘。20周年!!
感動的な日だ。まさに、歴史だ。

「モーニング娘。20周年、おめでとうございます!」

私にまで、こんな言葉を贈ってくれる人がいる・・・
ありがとうございます。

そして、私からメンバーへ、
おめでとう! そして、
ありがとう…

ファンの皆さんと共に、嬉しい!本当にうれしい。

そんな最中、その感動的な嬉しさだけに浸っていられない全く別の現場=現実がある。

泣きたい!
でも、悲しいんじゃない。
寂しいんじゃない。
忙しすぎて、いつも本気な分、
感情が揺れ動き過ぎて、でも表に出さずにいて、ちぎれそうだから、、、。

これは、、、

試練なのか、
チャンスなのか、
バチなのか、
試されているのか、
新たなステージへの一歩なのか、
成長への導きなのか、
それとも、、、

今、ものすごいことが周りに起き過ぎていて、
11月からほぼお休みなく、「伊賀の花嫁 その二 鬼は外編」も上演中で、
スケジュール的にめちゃくちゃ忙しいだけでなく、
私の心をもとことん揺さぶる、出来事の数々。

人と共に生きているから、それぞれの感情が入り乱れる。

様々な現場、様々な人間、いろいろなシーン、たくさんの人たち、
入り乱れた感情が渦になる。

耐えるべきか、
乗るべきか、
とどまるべきか、
それとも、、、

誠実とは?
一生懸命とは?
真面目とは?
思いやりとは?
寛容とは?

今、私に、何を、学べと言っているのだろう・・・

ありがたいのに。
大好きなのに。
心からありがとうを言いたいのに。

誰かに抱きついて泣きじゃくったらいいのかもしれない・・・

こんな今の日々が、

しっかりと形になって、
みなさんの元に喜びとして届けられるようになるのはきっと、
春頃かな。。。


3件のコメント

*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*´︶`*)♡’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
初めて挑戦したラジオのパーソナリティ・・・
聴いて下さった皆様、ありがとうございます(*≧∀≦*)

まだまだ未熟だし、至らない点もお聴き苦しい点も多々あったと思うの。それでも、勝手ながら自分自身は、嬉し恥ずかしくて、くすぐったくて… (๑>◡<๑)なんだかとっても感慨深い時間でした。

番組自体は、自身の人生に深く関わったアルバムを5日間に渡り、毎夜一枚ずつ紹介する50分番組。その50分のうち4分の3くらいは曲が流れているわけだけど、そのあいだの短いトークの中でも、これまで生きてきた人生や感じたこと、考えていることなどをこっそり伝えられた気がする。
お話の中には、(自分では不本意な)“アイドルの振付師・夏まゆみ” としか知らない皆様にとっては、初耳のこともいっぱいあったと思う。

今回、ラジオ出演のご依頼を受けた折、ディレクターさんがこれは「音楽番組であるけれども、自分はドキュメンタリーだと思ってます。」とおっしゃっていて、全くその通り、アルバム選びをしていると、これまで歩んできた人生に直結することにびっくり(*゚∀゚*)
「5枚のアルバムを選んでください」と言われてるのだけど、この5枚に絞るのが大変な作業。しかも、探し、選び、聴いているうちにどっぷりその音楽に聴き入ってしまい、うっとりしたり泣けてきたり、、そんな中締め切りは近づく、、みたいな⁉︎
そこで、振付師・夏まゆみとして多少なりとも知られた「吉本印天然素材」に出会う(29歳)以前の自分史に絞ってみようと考えたワケ。

最終的には、やはりこの5枚だったな(#^.^#)って納得ができて、自分の人生のこれまでを改めて振り返ることもでき、すごく凄く意味のある5日間だった。

すでに放送されたので、中身を明かすとね、、

1日目には、「ソウルトレイン 70’s ディスコヒッツ」をご紹介しながら、
幼稚園から小学生低学年の頃、見様見真似で踊っていたダンス音楽番組「ソウルトレイン」。
その当時の家庭環境なども含め自分の興味の先がアメリカだった事、私のダンスの原点のお話、さらには、ダンスのジャンルについても少しだけ触れ、、、。
自分の出版しているDVD『Fun-Key Dancing Diet』のタイトルも言えた(^-^)

2日目は、バーブラストライサンドの「ギルティ」を紹介しつつ、
18歳、イギリス留学の思い出話。だけど、ダンスに出会ってすぐ挫折とか、人種の問題とまではいかないまでも、ほんの少しだけ、歴史におけるイギリスと日本の関係、、、人としての見聞を広めるきっかけとなったイギリスの話。

3日目は、杉真里さんの「Synphony #10」をご紹介して、
24〜25歳、自分が振付師となった経緯やきっかけなど、自分も役者として舞台に立っていた時代。。。

4日目には、映画「コーラスライン」オリジナルサウンドトラックを聴いて頂きながら、
ダンサーなら誰もが一度は憧れるニューヨークのお話。
26〜27歳、現役ダンサー時代から、今、人をオーディションで選ぶ立場になって、大切な人間力のお話も少し。

そして5日目は、ポーラアブドゥルの「ヘッドオーバーヒールズ」を紹介して、
ダンサーとコリオグラファーの地位を上げたいと力を入れてきたこれまでと、怪我しないで踊り続けて欲しい想い(自分の出版している『ダンスのための準備運動』のタイトルも言えた(^^))などなど・・・。28〜29歳。

まさしく!私が今の夏まゆみに至るまでに歩んできた人生そのものと、今の夏まゆみを形成している経験や人やモノやことetc.
いわゆる世間で知られている私が、「吉本印天然素材」に出会う前までの全てと言っても過言ではないかもしれない。(中学・高校とバスケットボールに燃えてたとこらへんが抜け落ちてはいるケド・・・)
さらには、その強い思いや今もなお向かっていく先などについても触れることができた。

自分としては、この5日間の全てが、年代はもちろんのこと年齢とともに順番になっているのだけど、番組の性質上、連続性を持たせないようにしているみたいで「昨日に引き続いて」とか「明日は、、、」とかという言葉を使わないよう指示されていましたが、本当に私の中では連載ものだった。

実は嬉しいことに、再放送があるンです!
明日15(月)からの5日間、今度は時間を変えて午後6時から、再放送されます。
聴き逃した方は、、、ぜひぜひ‼︎ m(_ _)m


先日は、初めての公開セミナーも行い、そう!常に企業様からご依頼頂いての閉じられた中での講演会だったのだけど、初めてどなたでも受講できるというものだった。どんな方がいらっしゃるのか、さすがにドキドキしたのだけど、みなさん熱心にご聴講下さって、著書販売では、長い列をなしてまでお声がけを頂き、常に頂く有り難いお言葉に加え「勉強しにきているのにパワーを頂いてしまいました」「これまで20年間悩み続けていたことが解決しました」「講演内容だけにとどまらず本当に一対一で向き合ってくれていて感動しました」「パワーと愛をありがとうございます!」と本当にありがたいご感想もたっくさん頂戴して、本当に嬉しい時間となりました。ありがとうございました。


目が回りそうなくらい…イヤ、こわれそうなくらい…今、忙しいのだけど、そんな皆様の素直さ、良い変化と少しずつでもの成長こそが、私の喜びと励みとなり力となります。
2月中旬になれば少しは落ち着いて通常のペースに戻れると想像し、今はただただ、踏ん張って乗り切ります!!

8件のコメント

新年明けましておめでとうございます。

昨年中もいろいろな方から応援、励まし、時には貴重なご意見や情報、はたまたご相談などなど、、、
様々なコメントを頂き本当にありがとうございました。
この限られた場所ではありますが、少しでも多くの皆さんと繋がっていることを感じることができ、大変嬉しく思います。

新年は2日からお仕事なので、今日元旦が唯一のお休み・・・

やはり私にとっては、毎年の年末年始は普段通りの通常より忙しいだけの一週間でしかないけれど、
せめて気持ちだけは、けじめをつけ心新たにし、
あらたな一歩を踏み出していきたいと思っています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。                                                                2018年1月1日


。。。と、そんなワケで、ちょっぴり紅白歌合戦を振り返ってみようかなと思うわけです。

下の写真は出番を終えた後、楽屋で。実はなんだかご縁があって(^-^)ご一緒するのは2度め。

みなさまご存知の通り、今年はスタートから3曲めというとても早い担当シーンでした。山内恵介くんとAKB48G選抜10人とのコラボ企画。

メンバーの中には、初めて会う子もいたのだけど、みんなとても真面目に一生懸命取り組んでくれました。なんたって、練習時間は正味たったの2時間半、これで本番の舞台にあげるのだから、さらには、“カット割り”というある種委ねざるを得ない難関が立ちはだかるので、わたし的には毎回心残り&達成感を感じることができない…(´-`).。oO のがテレビの世界と心得ているわけですが、それでもそれを彼女たちはしっかりとステージ上で、自分に向かっているカメラにバチっと目線を合わせ、それなりに魅せて行くわけだから、やはりプロですょ。アイドルを侮るなと言いたくなる…(笑)

そしてそんな中、影で支えてくれる人たちがいつも存在する。
AKB48の代わりに振り付けを覚え、振りビデオを作成する際に手伝ってくれるダンサーたち。本来彼女たちは自らがダンサーとして表舞台に立つのが本職。
今回もお手伝いしてくれてありがとう。

そして、アシスタントもしっかりと働いてくれています。 任せて安心の織里奈です。

さて、
私にとっての『NHK紅白歌合戦』。ひっそりと年月を積み重ね(出場歌手ではないけれど(^-^;)昨年末の第68回で二十一年目(累計16回)となりました。
自分勝手に失礼します、、、思い出しがてらこれまでの紅白を振り返りつつ、ちょっと羅列してみていいかな!?m(_ _)m(カッコ内は踊った人たち、敬称略させて頂いてます。)

1997年 第48回
・バラエティコーナー内「WAになって踊ろう」(キッズ100名)

1999年 第50回
・オープニング「LOVEマシーン」(紅白出場歌手全員)

2000年 第51回
・モーニング娘。「紅白メドレー」

2001年 第52回
・バラエティコーナー『Kids Dream 2001』

2002年 第53回
・モーニング娘。「モーニング娘。メドレー」(w/ ダンサー20人)
・藤本美貴「ロマンティック浮かれモード」

2004年 第55回
・後藤真希+松浦亜弥 『冬のソングメドレー』(w/ Berrys工房&ハロプロキッズ)

2005年 第56回
・松浦亜弥+DEFDIVA+モーニング娘。『気がつけば好きすぎて盛り上がってLOVEマシーン』
・香西かおり「無言坂」(モーニング娘。内6名)

2006年 第57回
・GAMとモーニング娘。『Thanks!歩いてる 2006 Ambitious バージョン』(カントリー娘。・Berrys工房・C-ute・NHKキャラクター着ぐるみ達7体)
・香西かおり「最北航路」(モーニング娘。内3名とカントリー娘。)

2007年 第58回
・中村美津子「だんじり」~ 北山たけし「男鹿半島」(マッスルミュージカル)
・AKB48「会いたかった」~ リアディゾン「恋しよう」~ 中川翔子「空色デイズ」
・伍代夏子「舟」(AKB48 と中川翔子)

2009年 第60回
・氷川きよし「ときめきのルンバ」(ダンサー40名)

2012年 第63回
・水森かおり「ひとり長良川」(ダンサー10名)
・伍代夏子「恋ざんげ」(AKB48選抜4名)

2013年 第64回
・水森かおり「伊勢めぐり」(ダンサー10名)
・伍代夏子「金木犀」(AKB48選抜8名)

2014年 第65回
・伍代夏子「ひとり酒」( V6 )

2015年 第66回
・藤あや子「曼珠沙華」(乃木坂46選抜6名)
・miwa「fighting-φ-girls」(コーラス隊17名とバナナマン日村)

2016年 第67回
・香西かおり「すき」(橋本マナミ)

2017年 第68回
・山内恵介『愛が信じられないなら~貴公子たちの舞踏会~』(AKB48選抜10名)

もう20年前になるのですね…冬季長野オリンピックの公式サポートソング「WAになっておどろう」の振り付けを1997年に考案・指揮して以来二十一年間毎年(1998年と2003年と2008年と2010年と2011年はお休みだったね)仕事納めとして続けてきました。

懐かしいね~(*≧∀≦*) その時代ごとの風景さえ目に浮かんでくる・・・時代を感じる…。

あっ!そうそう、第63回と64回と2回続けて担当させて頂いた水森かおりさん。それ以降担当していないけれど、せっかくの紅白、楽屋へご挨拶に行った際、ぱちり!今では絶大なる存在感で紅白の象徴とも言える大きくなる衣装での登場が印象深いですね。

これだけの年月が経てば、出演者のみならずNHKのスタッフさんたちも、若返りを見せており、やはりその顔ぶれも時代の変化を感じます。一度は本気で睡眠不足を共にしてモノづくりに励んだ人がお偉いさんになっていたり、地方へ転勤になっていたり、ある種の組織だから出世もするわけで、そんな中フリーランスのコリオグラファーは変わらずの立場に存在する。それは時に寂しいものだったりもするのだけど、AKB48 だってそうなように、時代は移り変わり、新しくなり、次世代へと変化及び進化して行く。それを寛大な心で見守り続けたいと思う。自身の学びと成長も続けながら。。。


さぁ~て、ずいぶんと長くなってしまいました。
今年は年明け早々、ご存知の『伊賀の花嫁 その二 鬼は外編』のお稽古に加え、ドラマ&映画企画が同時進行したり、もちろん講演会も行ないつつ、二十周年を迎えたユニット(#^.^#)も・・・で、もぉーーーーーっなつてんていε-(´∀`; )てんてこまいですぅ σ:(;゙゚’ω゚’):

どうしてもお仕事が入ってくると何がなんでもなんとか頑張っちゃう私ですが、後回しにしがちな自身の健康を第一に考えつつ(だってもう若くないからね~(^-^;)少しでも夢や希望、勇気や喜び、、、を贈り届けられるようはげみます。

繰り返しになりますが、、、本年もよろしくお願いいたします。


15件のコメント

師走・・・
いつもいつも当然のようにすごくすごぉーーーく忙しい12月だけど、なぜか今年はあまりせわしなさを感じない。
それだけじゃなくて、年の瀬の気分も、クリスマスの気配も、感知せず、、、
はて?…その感覚をも麻痺するほどなのかもしれない…f^_^; なんだか目が回るょ٩( ᐛ )وたは。。

情報公開のお許しが出るのはほぼ来年のものばかり、せっかくだから写真だけでもそぉっと(笑)上げておこっかな(*≧∀≦*)


久々に会えて嬉しかったね♪
みんな本当に優秀なダンサーです。あゆみ・かな・あさみ・のん・ももこ・・と \(^o^)/


こぉんなお仕事も(#^.^#)
これからの日本のダンス界を担っていく振付師たちですょね。
許される限りたくさんいろんなこと伝えていきたいと思います。


さすがにまだまだ言えないお仕事も
はたまたこんなお仕事も

いろんな人と会う。
たくさんの人と会話する。
ほんの短い時間を目的共有して共に本気出す。

考え過ぎて眠れない夜もある。
振り返って自分の不甲斐なさに落ち込むこともある。

それでもやっぱり、
繋がりたい、より多くの人と。

残り少ないこの一年を
1日1日を大切に。。。

この後は、いよいよ私にとっての20周年ともなりました、NHK紅白で仕事納めへ。
そういった意味でも一年の締めくくりとして、こうして仕事納めをできる『NHK紅白歌合戦』には感謝なのです。

年明け早々には、『伊賀の花嫁 その二 鬼は外編』のお稽古が待ってるぅ〜(^-^;
空席情報:現状、良席はやはり平日の夜が狙いめだそうです…。


そんな中、1つだけ思い切り情報公開のお許しが出ているもの。

NHKfm『夜のプレイリスト』に出演します。
な!なんと、ひとりでパーソナリティをつとめる深夜5日間。
新年1月8日〜12日まで、深夜0時からの50分番組…
みんな是非(*^o^*)ぜひ聴いてねン♫


踊る、創る、指導する、語り伝える、、、
アイドル達、プロのダンサー、夢見る若者達、経営者・管理職のビジネスマンの皆さま方、
お相手の年齢も立場も、お仕事の内容も、おかげさまで多岐に渡るようになった今、今年のクリスマスは、もう目も頭ン中もぐるぐるする。ココはどこ?今はなに? ٩( ᐛ )و みたいな。。。笑

それでは、、、寒い寒い冬、風邪などひかれませんよ〜に。。。

おっと、、、


Happy Merry Christmas!!素敵なクリスマスを。。。


10件のコメント

すでに情報公開されているので、皆様ご存知のことと思います。
少々残念なお話ですが、チャコットカルチャースタジオが来年1月から、3フロア制から2フロア制になります。
という事は、自ずとクラスが減るということ、、、ですね。

それによって、曜日や時間の変更を余儀なくされる先生方や生徒さんがいらっしゃるということ。それだけでなく(IACスタジオの時もそうだったように…)仕事自体を失う先生もいらっしゃいます。

そんな中、私のクラスは、曜日や時間にも変更なく、ただ8階のCスタジオから6階のBスタジオへとスタジオの階が移動になるだけで大きな影響はありません。いつもレッスンをご受講下さっている生徒さんに大きな影響が出ることなく続けることができて何よりホッとしています。

だからこそこの機会に少しだけ。。。

クラスがなくならずに毎週レッスンできることがどれほど価値のあることか、なくなっちゃうクラスもある中でどれ程ありがたいことかを感じます。

プロに厳しく素人さんに優しい夏先生です(笑)。このチャコットクラスは一般の方々向けのオープンクラス、お返事しなくても、言うこと聞いていなくても、一切叱ったことがないけれど、楽しむことから始めたら、少しずつ上達するよう意識を持ちましょう。たった1時間半の週に一度の短い時間、もっと思いきり、もっと逃さず、もっと楽しくなるために、あの貴重な限られた時間を共に大切に過ごしていきましょう。もし、私の甘さに気付いている人がいて、プロを目指すとは言わないまでも意識が高くある人がいたら、どうぞ私に声かけてね「先生、私にはもっと厳しくお願いします!」と(^ー^)。。。

今後も、1つ1つのレッスンを大切に、皆様一人一人が少しずつでも成長できるよう、提供していきます。

さらけだそう、恥をかくことおそれずに、今の自分にできること、いつもいつも思いきって。会社でもない、学校でもない、面接でも会議でもない、お勉強でも試験でもない、こんなチャンス他にない(^-^) 誰も怒らない、誰も嫌わない、誰も嘲笑ったりしない、そんな空間を作るのはレッスンを受けてるみんな一人一人なんだ(^-^)

来年1月のレッスン初回4日は、新年特別講座として少し開始時間を遅らせての長めの特別クラスになります。踊り初めに是非奮ってご参加くださいマセ〜\(^o^)/

“ ずっと もっと 一緒に 踊ろう!”

4件のコメント